FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

モノサツ関連のファイルが、ウィルス対策ソフトにひっかかり起動できない

先日、モノサツ3D Ver1.6のユーザー様から、PCの通信回線を変更した際にモノサツ3Dが起動しなくなったという報告がありました。
お客様が使用されている ESET Smart Security4(キヤノンITソリューションズ)というウィルス対策ソフトが、モノサツのライセンス管理を司るプログラム"m3daux.DLL"がウィルス感染していると検知し、起動だけでなく、ウィルスの駆除、モノサツプログラムのアンインストールもできなくなったとのことです。お客様の方で通信回線を変更した時から、エラーが発生するようになったようです。
結局、ESETで、学習モードという動作モードに切り替えた後、モノサツを再インストールしたら正常に動作するようになりました。
ESETの説明には、”ESETの学習モードでは、既に確立された接続に対してルールを自動的に作成する”とあります。だとすると、モノサツのDLLをウィルス検査の対象外として設定していた場合に新たなファイアウォールを構築する際、その設定が無効となりウィルスとして検知され、学習モードに切り替えることでそれまでの除外設定が再び有効となり、正常に動作するようになった可能性があります。(現在、確認中です)
ESETに限らず他のウィルス対策ソフトにおいても、バージョンアップや通信回線を変更した際に、それまでのモノサツ関係のファイルをウィルス検査対象外の設定が無効となり、プログラムが起動できなくなる可能性があると思われます。
ウィルスソフトをバージョンアップした時や通信回線を変更した際、ウィルス検索にひっかかりモノサツが起動できなくなった場合には、それまでの設定が有効となっているかを確認し、もし設定が初期化されている場合には手動で再度設定を行ってください。

P.S
モノサツVer1.6では、License+Plusというライセンス管理プログラムを使用しています。
今回の報告では、Lisense+Plus関連のプラグラム" m3daux.DLL" がウィルス検索にひっかかりましたが、近くリリースを予定しているモノサツ3D Ver1.7では、Licese+Plusは使わずにライセンス管理を行うので、"m3daux.DLL"はプログラムに含まれなくなりますので、Ver1.7以降では今回と同原因によるエラーが生ずることはありません。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです
プロフィール

m3dman

Author:m3dman
モノサツ3Dユーザーの味方『モノサツ3Dマン』です。モノサツ3Dを武器に、パッケージ商品の開発、販売、広告にかかわる皆さまの業務効率向上、コスト削減、そして新しいサービス創造のためにいっしょに戦います!

カテゴリ
最新記事
リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。